ホーム > 普通 > 育毛のために様々なグッズを試してきた

育毛のために様々なグッズを試してきた

薄毛に悩む主人が考えた育毛費用の集め方についての紹介をしています。

主人は薄毛に悩んでいます。

てっぺんが薄くなってきて、おでこも年々広くなってきています。

これまで育毛のために、さまざまな育毛剤やグッズを試してきました。

洗面台には、使いかけの育毛剤が5種類、頭皮をマッサージするクシが2つ、ヘアブラシが3つ置いてあります。

手当たり次第に試しているようです。

育毛関連商品の代金は、主人のお小遣いから出しています。

「もっと効くのがあるのに、今月はもうお金がないな」と私に聞こえるようにボヤきますが、聞こえないふりをしています。

お金が足りないからか、主人が募金箱を作り、「薄毛で困っている人のために、募金をお願いしまーす。」と言って、ときどき廊下に立つので、笑いながら募金してあげます。

また、薄毛を連想させる言葉を使ったら、100円を募金箱に入れるシステムを押し付けられています。

(色が)はげたとか、(味が)薄いもアウトです。

あまりにも主人が必死になっているので、今度の誕生日には欲しがっている育毛剤セットを買ってあげようと思います。

M字はげの治療の内容まるわかり